home > studio > 長谷川 浩己

多彩な教授の主宰する魅力的スタジオ

3、4年生、大学院の設計演習、ゼミはスタジオ単位で行われます。
                独自のテーマをもつ教授が開くスタジオを選びながら、
                自分自身の可能性とやりたいことを見つけだします。

自分という部分から、風景という全体を考える

私たちはこの世に生まれてきたときから、風景の只中にいます。
それらはとても大きくて私たちを包み込んでいる存在ですが、
同時にとても小さなディテールの集積でもあります。
また、風景とは、ただの書き割りではありません。
今この瞬間に見ている風景の背後には、政治、経済、同時代の文化、
場所固有の文化、生態系、地理学的背景など、様々なチカラの干渉があります。
長谷川スタジオでは、このように「大きいようで小さいようで、
つかみどころもなく、しかも日々動き続けている」風景という存在に、
いかに関わっていくかを考えていきたいと思っています。
なぜならば今の風景は今の世界を顕していて、それに参加することは
世界の成り立ちに関わることが出来るかもしれないからです。
私たちは風景を造り出すことは出来ません。それは既に‘在る’からです。
ただ、ほんの小さな関与でさえも、巨大な風景を変えていくことは
可能だと思っています。

長谷川 浩己(Hasegawa Hiroki)
特任教授
1958年 千葉県生まれ
千葉大学卒業
オレゴン大学大学院修了
専門分野
ランドスケープ・アーキテクチュア
主なランドスケープ作品
横浜ポートサイド公園
名取市文化会館
大沢野町健康ふれあい広場
国際研究交流大学村・東京国際交流館
多々良沼公園/群馬県立館林美術館
ホテル・ブレストンコート・林の中庭
学校法人廣池学園瑞浪キャンパス
北上市さくらホール
二番町ガーデン(ビル)屋上庭園
静岡園芸博浜松館庭園インスタレーション
小淵沢リゾナーレ ZONA ガーデン
丸の内オアゾ
ナポリ大学キャンパス
日本橋コレドアネックス広場
東雲キャナルコート中央街区
軽井沢星のや
万科上海支社
赤坂サカス
主な展覧会
プロセス128 ジョージ・ハーグレイブス特集号
Modernism to MA Exhibition(2001), London
担当科目
ランドスケープデザイン概論
設計計画III
設計計画IV
卒業制作
大学院