home > news

渡邉 和さん(学部4年/布施スタジオ)が、「第17回住宅課題賞2017入選作品展」に出展しています

渡邉 和さん(学部4年/布施スタジオ)が、関東圏大学の建築系学科の住宅課題優秀作品を一堂に集結した「第17回住宅課題賞2017入選作品展」に出展しています。出展作品は、2016年度/設計計画Ⅲ(布施スタジオ)の住宅課題です。

住宅課題賞
https://tokyokenchikushikai.or.jp/award/index03.html

■展示会期
日時:2017年11月21日(火)~11月29日(水) 10:00~18:00
   土・日休館(但し25日(土)は開館)
会場:ギャラリー エー クワッド
  (江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
入場:無料
■公開審査
日時:2017年11月25日(土)13:00~17:00
会場:竹中工務店 東京本店 2F Aホール
(江東区新砂 1-1-1 竹中工務店東京本店2階)
定員・費用 150名 申込先着順・無料
審査員
審査員長:植田 実(編集者)
審査員:小西 泰孝(小西泰孝建築構造設計/武蔵野美術大学造形学部建築学科教授)
審査員:中川 エリカ(中川エリカ建築設計事務所)
審査員:藤村 龍至(東京藝術大学美術学部建築科准教授/ RFA)
審査員:前田 圭介(UID)
司 会:城戸崎 和佐(城戸崎和佐建築設計事務所/京都造形芸術大学芸術学部環境デザイン学科教授)

|メディア掲載|2017年11月22日 12:14 |ページトップ↑

第2回「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」作品募集のお知らせ

武蔵野美術大学建築学科および日月会では、これまで実施してきました「武蔵野美術大学 芦原義信賞」(2013年度まで)、「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」(2015年度まで)に替わり、昨年度より長尾重武先生を審査委員に迎え「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」として賞を継続してきました。同賞は、武蔵野美術大学建築学科で長年にわたって教鞭をとられ、その間に武蔵野美術大学学長に就任されるなど、建築学科にとらわれない活動をされてきた長尾重武先生の功績を称え、ご自身の選定により授与される賞です。賞の対象は建築作品にとどまらず、研究、活動も含みます。
第2回「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」の作品を募集いたしますので、日月会正会員の皆様のご応募を広くお待ちしております。

審査委員:長尾重武(武蔵野美術大学名誉教授)
応募締め切り:2017年12月21日(木)必着

>>募集要項・応募用紙(PDF) は以下よりダウンロードできます。
「長尾重武賞」関連書類

--------------------
主催:武蔵野美術大学造形学部建築学科
共催:武蔵野美術大学建築学科同窓会 日月会
後援:武蔵野美術大学校友会

第2回長尾重武賞


第2回長尾重武賞

|その他|2017年11月16日 15:02 |ページトップ↑

佐藤仁美さん(2013年建築学科卒業/高橋スタジオ・2015年大学院基礎デザイン学コース 修了)がイタリアボローニャのPalazzo Belloniにて作品展示

特別講義
佐藤仁美さん(2013年建築学科卒業/高橋スタジオ・2015年大学院基礎デザイン学コース 修了)の作品がイタリアボローニャのPalazzo Belloniにて展示されます。

THE WALL | 2017年11月24日 - 2018年5月6日 10:00-20:00 (最終入場19:00)
ITALY Bologna in Palazzo Belloni
http://www.palazzobelloni.com/

出展アーティスト
Christo | Pink Floyd | Hitomi Sato | Lucio Fontana | Mimmo Rotella | Matteo Pugliese | Giuseppe Uncini | Arnaldo Pomodoro | Giambattista Piranesi

イベント
THE MEETING|24日 14:00-15:00
Fine Arts Academyにてイベントが行われます。
トークアーティスト: Hitomi Sato | Gregoire Dupond

|メディア掲載|2017年11月15日 16:19 |ページトップ↑

特別講義 「空間演出とエンターテインメントの可能性」のお知らせ

特別講義

基礎造形 特別講義
山田崇臣・鈴木莉紗「空間演出とエンターテインメントの可能性」

NHKでのテレビ美術や、そのノウハウを生かしたイベント事業のアートディレクション事例を紹介。 また近年のメディア動向や世界のアートイベントをふまえながら、日本のエンターテインメントの可能性を探ります。

日時:2017年10月20日(金)16:20−17:50
会場:8号館308講義室
講師:山田崇臣・鈴木莉紗(NHK映像デザイン部)
対象:全学生対象
企画:建築学科研究室(土屋公雄)

山田崇臣 / NHK映像デザイン部チーフプロデューサー
最終学歴:1997年日本大学芸術学部演劇学科舞台装置コース卒
現職:NHK映像デザイン部チーフプロデューサー
1997年NHK入局、2014年NEP出向を経たのち、2017年NHK映像デザイン部に復職。
これまで大河ドラマや紅白歌合戦をはじめ、さまざまなジャンルの番組デザインに従事。 NEPへ出向後はイベントや映像事業のクリエーティブ業務を担当。 現在は、今秋日本科学未来館にて開催される企画展「MOVE 生きものになれる展」や、 2019年の大河ドラマ「いだてん」の美術デザインを担当中。

鈴木莉紗 / NHK映像デザイン部デザイナー
最終学歴:2009年東京大学大学院学際情報学府文化・人間情報学コース卒
現職:NHK映像デザイン部デザイナー
2001-2006年 武蔵野美術大学造形学部建築学科(土屋スタジオ)
2007-2009年 東京大学大学院学際情報学府
2009年 NHK入局。これまで音楽・ドラマ・ニュースなどの美術セットのデザインを担当。
現在は、2018年ピョンチャン五輪の現地セットや、年末放送予定の又吉脚本ドラマの美術を担当中。

|特別講義|2017年10月18日 12:58 |ページトップ↑

建築学科研究室スタッフ募集について [11/8(水)必着] 

建築学科研究室では平成30年度に着任する教務補助員を募集いたします。
募集に関する要項は、建築学科掲示板に掲示してありますのでご確認ください。
応募締め切り:11月8日(水)必着
お問い合わせ:建築学科研究室 tel 042-342-6067(担当=入江、安島、平田)
※月〜土曜 10〜17時
※10月23日〜11月4日は芸術祭期間により対応できない場合があります。

|その他|2017年10月13日 12:39 |ページトップ↑

長谷川 浩己特任教授の著書「風景にさわる」が刊行

風景にさわる

長谷川 浩己特任教授の著書「風景にさわる ランドスケープデザインの思考法」が刊行されています。

「風景にさわる ランドスケープデザインの思考法」丸善出版(株)

「世界とはいろんなことの関係性の網み目のようなもので、その現れようがそれぞれ固有の風景であり、ランドスケープデザインは、それらの関係がまさしくかたちとして現れ、その場に立ち会うことができる。それが面白いし、難しい。」著者はそのように述べています。 また、ランドスケープデザインについて、「一つの考え方、ものの見方で、明晰に語られる考え方ではなく、おぼろげな輪郭とともに浮かび上がってくる多面体のような考え方である」とも述べています。 本書は、そのような「ランドスケープデザイン」のイメージを伝えることを目指して刊行されました。 数多くのランドスケープデザインを手掛け、醸成された著者独自の思考をスケッチやイラスト、図面とともに紹介し、読者に建築、風景、社会を考えるきっかけを与える設計手引き風読み物となっています。 それぞれが独立したキーワードになっており、それらが互いに緩やかに関係しあっています。ランドスケープデザインを「風景を構成する膨大な他者たちとの関係を模索するデザイン」と捉え、そのディテールから風景までを言葉で描き切る一冊です。

詳細は下記サイトよりご覧ください。
風景にさわる ランドスケープデザインの思考法
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/9784621302040.html

|メディア掲載|2017年10月 7日 11:25 |ページトップ↑

上坂 直さん(2017年大学院卒/土屋スタジオ)がNIIGATAオフィス・アート・ストリートにて優秀賞を受賞しました

上坂 直さん(2017年大学院卒/土屋スタジオ)がNIIGATAオフィス・アート・ストリートにて優秀賞を受賞しました。

【受賞作品】上坂 直 / 波結 -namiyui-

詳細は下記サイトよりご覧ください。
NIIGATAオフィス・アート・ストリート
http://niigata-oas.com/
展示作品
http://niigata-oas.com/map/place_2017_02/

こちらのサイトで公開審査の様子が掲載されています。
北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000005-hokuriku-l15

|入賞記録|2017年10月 5日 10:15 |ページトップ↑

畠山 鉄生さん(2013年大学院卒/菊地スタジオ)が新建築住宅設計競技2017にて佳作を受賞しました

畠山 鉄生さん(2013年大学院卒/菊地スタジオ)が新建築住宅設計競技2017にて佳作を受賞しました。

新建築住宅設計競技2017 課題:大きさの住宅
佳作:畠山 鉄生「空との距離を感じる家」

受賞おめでとうございます。
詳細は新建築住宅設計競技2017ウェブサイトよりご覧ください。
新建築住宅設計競技2017 結果発表

|入賞記録|2017年10月 4日 11:33 |ページトップ↑

渡辺大輝さん(学部3年生)が建築新人戦2017 デジタルデザインセレクション部門にてグラフィソフト賞を受賞

渡辺大輝さん(学部3年生)が、建築新人戦2017のデジタルデザインセレクション部門にてグラフィソフト賞(優秀賞)を受賞しました。

|入賞記録|2017年9月29日 16:23 |ページトップ↑

土屋公雄客員教授が総合監修を務める「松戸アートピクニック」が開催されます

土屋公雄客員教授が総合監修を務める「自然と交歓する芸術祭 松戸アートピクニック─車窓からのアートとの出会い」が10月28日(土)〜11月5日(日)に千葉県松戸市の「21世紀の森と広場」で開催されます。
北川貴好さん(1999年卒)、田原唯之さん(2007年卒)、江口亜維子さん(カレーキャラバン/2005年卒)など、建築学科卒業生も出展します。

松戸アートピクニック: http://matsudo-ap.jp/

また、10月29日(日)は土屋公雄客員教授の司会によるシンポジウムが開催されます。

アートから生命・宇宙へのコンタクト
日時|2017/10/29 [日] 13:00 - 15:00
会場|21世紀の森と広場「パークシアター」
参加費|無料
講師|三浦 均(武蔵野美術大学映像学科教授)・佐々木 洋(プロ・ナチュラリスト®)
司会|土屋 公雄(本芸術祭総合監修)
定員|先着70名(要予約)
お申し込み|お申し込みはお電話で受け付けております。
「松戸アートピクニック」事務局(21世紀の森と広場管理事務所内)
TEL:047-345-8900
イベント情報:http://matsudo-ap.jp/event/symposium-contact-to-the-universe-from-art/

ぜひご覧ください。

|その他|2017年9月25日 12:30 |ページトップ↑