home > news

プロジェクトの最近のブログ記事

訪問教授ソフィー・クレールによるワークショップ「matter that matters」参加学生の募集

訪問教授ソフィー・クレールによるワークショップへの参加を希望する学生を募集します。
今回のワークショップの概要として以下に記した3つのテーマを読み、興味をもった学生は研究室にて登録をして下さい。参加希望者には課題文(英文)を配布します。
※後期授業期間中の開催となるため、対象学年、参加資格などに留意して下さい。


訪問教授ソフィー・クレールによるワークショップ:Field Essays Workshop : matter that matters

□開催期間:9月14日(月)〜19日(土)
 ※17日(木)は課外講座のためオフ日

□場所:建築学科工房、路上空間(現在調整中)

□対象学年:院生、4年生、3年生

□募集期間:7月7日(火)〜11日(土)16:00まで

□応募方法:2名または3名のグループで建築学科研究室にて登録を行なうこと。氏名、連絡先、参加スケジュール表の提出をしてもらいます(担当:臼田助手)。

□言語:通訳が入りますが訪問教授と可能な限り英語でのコミュニケーションを図ること。

□参加資格:
1. 履修授業を優先しつつWSに全日(5日間)参加すること。
2. 履修授業とWS日程との重複の多い学生は参加できません。
3. スタジオ担当教員の許可を取ること(3年生は後期開始時)。

□募集人数:6チーム 20名弱
注:応募者多数の場合は上位学年の優先、履修授業との重複を考慮して人数を調整します。

□スケジュール(仮):
14日(月)WS(午前/課題説明、レクチャー、路上観察 午後/グループセッション)
15日(火)WS(午前/路上観察の分類作業、ドキュメント制作 午後/小さな空間の説明、フィールドワーク)
16日(水)共通絵画クリティック/WS(午後/小さな空間の制作、チュートリアル)
17日(木)課外講座/レセプションパーティー(WSは行いません)
18日(金)WS(小さな空間の制作、チュートリアル)
19日(土)WS(午前/ファイナルレビュー 午後/ドキュメント制作)

□ソフィー・クレールのプロフィール等:
http://www.arc.musabi.ac.jp/news/2015/06/91419.html


ワークショップ概要

□テーマ1 イミディエートな空間
sophiekrier
Field Essays (Sketches for design attitudes), Sophie Krier, 2008

このワークショップでは、私たちが日常的に見かける使用者(ユーザー)とダイレクトな関係をもつ空間を探求します。食べることやリラックスすること、勉強することや人と話をすることに関係するそのような空間とは、庭園や森、廃墟、レストランや駅、ショッピングセンターといった建物の内側やその中間にあります。建物を建設することとオブジェをデザインすることの論理(ロジック)の中間に存在する、わたしたちにとって身近でありながら同時にある差し迫った感覚を与える空間です。

□テーマ2 人類学/民俗学(アンソロポロジー)と生態学(エコロジー)はデザインに何をもたらすか?
sophiekrier
Field Essays workshop «The other side of the hill» at Mad Fac Genk, Belgium, 2015. Photo Pieterjan Luyten.

一般教養や科学という学問は、大学という環境の中で互いに対話を繰り返しながら徐々に形作られてきました。人類学者は文化がいかに形作られるかを、社会学者が人びとの振舞いを、生態学者が環境が相互に干渉し合っていることを研究するように、建築家は、居住の空間を研究しています。このような学問的な関係の環(サークル)を応用して、人類学と生態学がデザインにもたらすものについて探求します。

□テーマ3 路上観察(ROJO)
sophiekrier
Takeyoshi Hori & Terunobu Fujimori illustrated in Adventures of the Architecture Detectives: Tokyo Region (Tokyo, 1986)

赤瀬川原平、藤森照信らによる路上観察学会(英語名:ROJO)の精神、非常に精密な空間の地図化を行なったその制作術に習って、カメラ、ノート、音声録音などを使い空間のドキュメンテーションを行ないます。どのような性格の場所か? どのような人たちがそこにいるのか、またそこにいないのか? そこにパブリック性は発見できるか? そのパブリックはどのような考えに基づくと考えられるのか? など、路上空間の性質を多角的に問いつつ、WSではこのドキュメンテーションを発展させ、最終成果物として小さな空間の提案を求めます。
※詳細は課題文を参照

【ソフィーによる7つのキーワード】
これらについてはWS初日にソフィーの解説が入ります。

matter/物事=生命をもつ、もたないに関わらずこの地上に生息するすべての物事。
clue/手がかり=何かを解き明かしたり、問題を解くための事実やアイデア。人類学は過去に関する手がかりを与えてくれる。
tool/道具=かつてはある機能を実行するための手に持てる大きさの装置であった。古い英語では《tol》ゲルマン語では'準備'を意味した。
to demonstrate/実演する=証拠を与えながらその存在をはっきり示すこと。行為によって感情やクオリティーを示すこと。
story/物語=実際に起きたことへの(真実の)説明。
interview/インタビュー=16世紀初頭のフランスでは、相談事のために向かい合って人と集まることを意味した。
method acting/メソッドアクティング=演者が感情的な表現をするための演技術、スタニスラフスキーが発展させたシステムに基づき、1930年代にアメリカで最も発展した。

【参考書籍】
「Vibrant matter, political ecology of things」, Jane Bennet
「Designerly ways of knowing」, Nigel Cross
「建築家なしの建築」, B.ルドルフスキー
「空間の詩学」, ガストン・バシュラール
「忘れられた日本人」, 宮本常一
「The Conversation series, 'Yona Friedman and Hans Ulrich Obrist'」

主催:建築学科研究室(担当=源愛日児教授、臼田桃子助手)
コーディネーター:西尾聡志(本学科非常勤講師)

|イベント|2015年7月 4日 12:45 |ページトップ↑

9月14日(月)から19日(土)、共通絵画研究室と共同で、パリ/ロッテルダムでデザイナーとして活動するソフィー・クレールさんを招聘しワークショップと課外講座を開催します

建築学科研究室では、9月14日(月)から19日(土)の期間、共通絵画研究室との共同で、パリ/ロッテルダムでデザイナーとして活動するソフィー・クレールさんを招聘しワークショップと課外講座を開催します。
※ワークショップに関しては6/22(月)に参加者募集の告知を予定しています

ソフィー・クレール (Sophie Krier)

(デザイナー/サンドバーグ美術大学院インテリアデザイン学科教授)

sophiekrier
1976年ベルギー生まれ。1999年アイントホーヘン美術大学卒業。2004〜09年フェリット・リートフェルトアカデミー・デザインラボ学科主任教授。2010年〜サンドバーグ美術大学院インテリアデザイン学科(STUDIO FOR IMMEDIATE SPACE)教授。2014年〜パリ国際芸術都市招聘アーティスト。2015年〜国立パリ装飾芸術大学院講師

ソフィーは、デザイナーとしてだけでなく、編集者、教育者、キュレーターとして、これまでにコミュニティデザインから本の編集に至るまで多様なプロジェクトを展開してきました。 編集者としてはビジュアル誌 「フィールドエッセー」(Field Essays) を発行し、デザイナーと写真家、人類学者などの他分野の専門家との創作プロセスの探求によってデザインの新しい鉱脈を発見しようとしています。コミュニティデザインのプロジェクト 「ハニー」(Hunnie) では、EU(ヨーロッパ共同体)の新たなエコロジー政策によって自然保護地域への移行が予定されているオランダの干拓地にレクリエーシュンにまつわるプログラムをデザインすることで、グリーンハウスや牛が担ってきた干拓地の農業的風景のアイデンティティを捉え直す提案をしています。

これまでにリートフェルトアカデミー、クランブルック美術大学院、アイスランド国立美術大学、パリ国立装飾美術大学院などでのワークショップに続いて、今回、武蔵野美術大学にて建築学科学生を対象とした6日間のワークショップを予定しています。

sophiekrier
「レクチャー」A lecture by Sophie Krier

sophiekrier
「フィールドエッセー」Field Essays

sophiekrier
「ハニー」hunnie

【参照リンク先】
ソフィー・クレールHP
インタビュー「フィールドエッセー──教育としての出版について」
 (ドイツの建築デザイン誌『アンキューブ』掲載)

「フィールドエッセー」Field Essays
「ハニー」(Hunnie)
「マテリアルナイト──クラフトとインダストリーに関するシンポジウム」
 (オランダ建築博物館)

|課外講座|2015年6月17日 14:55 |ページトップ↑

訪問教授ハッリ・コスキネン氏をお招きしています

建築学科では5月29日(水)~6月4日(火)まで、フィンランドを代表するプロダクトデザイナーのHarri Koskinen(ハッリ・コスキネン)氏を訪問教授としてお招きし、レクチャーやワークショップなどを開催しています。

6月3日(月)16:30~の課 外講座では考え抜かれた機能性と、その造形に貫かれた美意識を特徴とする自身のデザインスタイルについて語っていただきます。

|プロジェクト|2013年5月29日 09:51 |ページトップ↑

チェルシー美術大学との国際交流プロジェクト「Chelsea Campus Project 2010」の記録集が完成しました

昨年5月にロンドン(イギリス)にて行われた建築学科とチェルシー美術大学大学院スペースデザイン
コースとのとの国際交流プロジェクト「Chelsea Campus Project 2010」の記録集ができあがりました。


ダウンロードはこちらから


武蔵野美術大学国際交流プロジェクト
チェルシー美術大学/ 武蔵野美術大学建築学科共同ワークショップ
「Chelsea Campus Project 2010」

プロジェクト期間 2010.5.17-25
開催場所 チェルシー美術大学ならびにロンドン市内


担当教員

武蔵野美術大学  :
源 愛日児(建築学科教授)
土屋公雄(建築学科客員教授)
西尾聡志(建築学科助手)


チェルシー美術大学 :
Ken Wilder(Course Director, MA Interior and Spatial Design)
Takako Hasegawa(Instructer, BA Interior and Spatial Design )
Rebecca Vincent(Theater Consultant, Theater Projects)

プロジェクトアシスタント
太田遼(アーティスト)

参加学生
山中彬充/ 上田千晶/ 村上慧/ 伊達静香/ 高村梨那/ 伊庭千尋/ 秋田真穂/ 竹野那緒/
井口雄介/ チェルシー美術大学大学院インテリアスペースデザインコース 17 名

協力 武蔵野美術大学国際センター
主催 武蔵野美術大学建築学科研究室

|プロジェクト|2011年11月28日 11:45 |ページトップ↑

日月会よりボランティア募集のお知らせ

日月会では、震災復興ボランティアを募集しています。

現地では、どのような職種も圧倒的に人手が足りていません。
建築学科および建築に携わるみなさんのご協力をお待ちしています。

5/27(金)夜の出発となっていますので、希望者は直接メールにてエントリーをお願いします。


詳細は下記のアドレス↓
http://nichigetsukai.com/blog/

|プロジェクト|2011年5月24日 13:51 |ページトップ↑

ロンドンでの国際交流WSをブログにて公開しています!(5/17-23)

ロンドンでの国際交流WSのブログ随時更新中ですので是非御覧下さい

http://chelseacampusproject.blogspot.com/

|プロジェクト|2010年5月13日 17:48 |ページトップ↑

【在学生向け】ロンドンでの国際交流WS2010の参加者を募集しています!

wslondnimg.jpgチェルシー美術大学/ムサビ建築学科 ワークショップ・イン・ロンドン


今年で3回目となる大学間国際交流プロジェクトを、ロンドン・チェルシー 美術大学と建築学科で共同開催します。
今回は「劇場空間」をテーマに、イギリスの伝統的な劇場からコンテンポラリーな空間まで、日本と英国における文化や劇場様式の違いを 比較・検証しながらワークショップを行ないます。尚、このプログラムでは、 ワークショップ期間中ロンドンでの演劇鑑賞、テート・モダン・ミュージアムや大英博物館見学。またロンドンの各美術大学(AAスクール、ロンドン大学、セントマーチン校)さらに最先端の現代アートに触れるギャラリーツアーも企画されています。

ブログはこちら


期間:2010年5月17日(月)- 5月25日(火)全8日間(予定)
会場:ロンドン・チェルシー美術大学及びロンドン市内
講師:チェルシー美術大学/Ken Wilder  Takako Hasegawa
         武蔵野美術大学/源愛日児 土屋公雄 西尾聡志
   

参加を希望する学生は、学年/氏名/簡単な希望理由を書いてarcmusabi*gmail.comまでメールを送ってください。
(注)*を@に変えて返信のこと



対象:建築学科在学生、または卒業生(但し、参加に際してWS期間中の履修授業に関して条件があるため在学生は確認のメールが必要)

募集学生数:最大10名程度を予定

参加者募集開始 2010年3月11日(木)
参加者募集最終締切:2010年4月3日(土)
*人数が定員に達し次第募集は締め切ります


*事前に所属する指導教員に了解を得ること
*最終締切日までにパスポートを取得していること


なお、往復航空券・宿泊費・滞在費等は自己負担となります


国際交流ワークショップ参加費用 ¥180000より
(為替レートにより多少の変動あり)

(内訳)
 ・航空運賃¥130,000(燃油料・税金込)
 ・宿泊費用¥50,000(朝食付宿泊施設 Club Goodenough)
 ・ロンドン市内交通費¥5000~他飲食代等
 (注)チェルシー美術大学の正課授業としての企画の為、作品制作費はすべて 支給されます。

|プロジェクト|2010年3月10日 12:34 |ページトップ↑

チェルシー美術大学との国際交流プロジェクト「What's Cooking ?」の記録集が完成しました!

今年5月にロンドン(イギリス)にて行われた建築学科とチェルシー美術大学大学院スペースデザイン
コースとの国際交流プロジェクト「What's Cooking?」の記録集ができあがりました。

ダウンロードはこちらから


武蔵野美術大学国際交流プロジェクト
チェルシー美術大学/ 武蔵野美術大学建築学科共同ワークショップ
「What's Cooking?」

プロジェクト期間 2009.5.1-10
開催場所 チェルシー美術大学ならびにロンドン市内


担当教員

武蔵野美術大学  :

長尾重武(建築学科教授)
土屋公雄(建築学科客員教授)
西尾聡志(建築学科助手)

チェルシー美術大学 :

Ken Wilder(Course Director, MA Interior and Spatial Design)
Takako Hasegawa(Instructer, BA Interior and Spatial Design )
Kristina Kotov(Artist)

Hana Sakuma (Artist)

参加学生
北川貴好/ 中村陽介/ 太田遼/ 高村梨那/ 山本宗典/
小林大輝/ 市原慶子/ 久保沙織/ 太田大翔/ 平寛子/
チェルシー美術大学大学院インテリア・スペース
デザインコースより大学院生14 名参加


協力 武蔵野美術大学国際センター

主催 武蔵野美術大学建築学科研究室

|プロジェクト|2009年12月15日 13:33 |ページトップ↑

訪問教授ピーターリンチのワークショップをブログでレポートしています!

訪問教授ピーターリンチのワークショップをブログでレポートしています!

ぜひご覧ください

http://housewithlateraldimensionbypeterlynch.blogspot.com/

|プロジェクト|2009年12月 2日 10:54 |ページトップ↑

建築学科ワークショップ 訪問教授ピーターリンチ氏「House with Lateral Dimension」のお知らせ

訪問教授ピーターリンチ  スケジュール

建築学科ワークショップ「House with Lateral Dimension」(側面に生じる次元を持つ普通の住宅)
対象 : 大学院1年、建築の境界または身体に関わる卒制に取組む4年生
会場 4年源スタジオ室(8-307講義室)
  
11月19日(木)     11 : 00~12 : 00ワークショップについての説明会

11月24日(火)  14:40~17:50 ミニレクチャー2題(14 : 40~16 : 10)
                                "Introduction to the Workshop 'House with a Lateral Dimension'"
                                "Architecture and Freedom: Examples from Alvar Aalto's Work"
           Lynch教授によるチュートリアル
11月25日(水)  10:00~12:10 Lynch教授によるチュートリアル
11月26日(木)  10:00~12:10 Lynch教授によるチュートリアル
11月27日(金)  10:00~12:10 講評会
                           14:40~16:10 特別講義「Peter Lynch presents his work」 
                    会場 美術資料図書館102講義室
                           18:00~パーティ会場 12号館8階談話室MAU
11月28日(土)  11:00~15:00 大学院2年希望者へのチュートリアル


ワークショップの様子をブログで公開中。



ピータ・リンチ氏について

1984年にクーパーユニオン建築学部を卒業後、建築家スティーブンホールの設計事務所においてイタリア・ベニスの劇場"Palazzo del Cinema"計画、都市計画"Edge of City"等のプロジェクトアーキテクトとして勤務し、その後1991年にニューヨークにて個人活動を開始しました。
2006年には共同主宰によるSTUDIOTHEMを設立し、1996年-2005年までクランブルックアカデミーオブアートの建築大学院長。
2004年にアメリカローマ賞2005を受賞するとともに The Architectural League of New Yorkから"Emerging Voice"に選出。
現在はニューヨーク市立大学建築学部客員教授として設計スタジオを持たれています。

主な作品 : インダストリアリストの家(深?、中国)、 ニュージャージー州ピーターソンの野外劇場、クランブルックアカデミーフェスティバル(スティールとPVDF による取り外し可能な舞台の提案)、竹とコンクリートによる新しい建築方法ならびに都市計画とプランニングに関する新しい方法の研究。

|プロジェクト|2009年11月12日 08:37 |ページトップ↑

« イベント | メインページ | | メディア掲載 »