home > news

その他の最近のブログ記事

武蔵野美術大学建築学科 学科紹介2018

学科紹介2017

武蔵野美術大学建築学科 学科紹介2018を公開しています。
こちらより閲覧が可能です。(PDF 2.7MB)

入学試験の詳細については大学ホームページをご覧ください。(入学試験の変更点)

|その他|2017年6月12日 16:19 |ページトップ↑

保坂陽一郎名誉教授 ご逝去のお知らせ

本学名誉教授、保坂陽一郎先生が昨年12月28日に肺炎のため永眠されました。享年82歳。心より哀悼の意を表すとともに謹んでお知らせ申し上げます。なお葬儀は昨年内に家族葬にて執り行われております。ご厚志、弔問、お悔やみなど固くご辞退されておりますので、ご配慮いただきますようお願いします。

|その他|2017年1月13日 17:12 |ページトップ↑

武蔵野美術大学 造形学部 一般入学試験出願受付について

武蔵野美術大学 造形学部 一般入学試験の出願を受け付けています。
入学試験の詳細や、出願書類の請求については、以下のページをご参照ください。

武蔵野美術大学 入試情報

|その他|2017年1月 6日 10:05 |ページトップ↑

第1回「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」作品募集のお知らせ

武蔵野美術大学建築学科および日月会では、これまで実施してきました「武蔵野美術大学 芦原義信賞」(2013年度まで)、「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」(2015年度まで)に替わり、今年度からは長尾重武先生を審査委員に迎え「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」として賞を継続いたします。同賞は、武蔵野美術大学建築学科で長年にわたって教鞭をとられ、その間に武蔵野美術大学学長に就任されるなど、建築学科にとらわれない活動をされてきた長尾重武先生の功績を称え、ご自身の選定により授与される賞です。賞の対象は建築作品にとどまらず、研究、活動も含みます。第1回「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」の作品を募集しておりますので、日月会正会員の皆様のご応募を広くお待ちしております。

審査委員:長尾重武(武蔵野美術大学名誉教授)
応募締め切り:2016年12月22日(木)必着

>>募集要項・応募用紙(PDF) は以下よりダウンロードできます。
「長尾重武賞」関連書類

--------------------
主催:武蔵野美術大学造形学部建築学科
共催:武蔵野美術大学建築学科同窓会 日月会
後援:武蔵野美術大学校友会

第1回長尾重武賞


第1回長尾重武賞

|その他|2016年11月18日 12:56 |ページトップ↑

11/19(土)必着 建築学科研究室スタッフ募集について

建築学科研究室では平成29年度に着任する助手・教務補助を募集いたします。
募集に関する要項は、建築学科掲示板に掲示してありますのでご確認ください。
応募締め切り:11月19日(土)必着
お問い合わせ:建築学科研究室 tel 042-342-6067(担当=臼田、入江、安島)
 ※月〜土曜 10〜17時
 ※10月25日〜11月6日は芸術祭期間により対応できない場合があります。

|その他|2016年10月14日 16:44 |ページトップ↑

武蔵野美術大学建築学科 学科紹介2017

学科紹介2017

武蔵野美術大学建築学科 学科紹介2017を公開しています。
こちらより閲覧が可能です。(PDF 4.3MB)

入学試験の詳細については大学ホームページをご覧ください。(入学試験の変更点)

|その他|2016年6月16日 11:34 |ページトップ↑

2016年度ユニオン造形文化財団助成・在外研修(ハーバード大学デザイン大学院)に 伊藤友紀さん(2009年大学院修了/布施スタジオ)が選ばれました

2016年度ユニオン造形文化財団助成・在外研修(ハーバード大学デザイン大学院)に伊藤友紀さん(2009年大学院修了/布施スタジオ)が選ばれました。

研究課題名
「持続可能な都市とその基本単位としての建築の可能性」
都市の調査と現在進行する基本計画の研究を通して、その部分である建築のつくられ方を学ぶ。意匠だけでなく、環境、文化、材料、技術、経済を融合させた建築と都市空間のあり方を、理解し、考え、実践することを本研修のテーマとする。

2016年度ユニオン造形文化財団
http://www.artunion.co.jp/uffec/2016.html

|その他|2016年6月15日 09:41 |ページトップ↑

訪問教授ソフィー・クレールによるワークショップ「matter that matters」の記録冊子が完成しました!

ダウンロードはこちらから

訪問教授:ソフィー・クレール
ワークショップ:Field Essays Workshop "matter that matters"

期間:2015年9月14日(月)−19日(土)
場所:建築工房102、国分寺駅南口周辺から武蔵国分寺周辺一帯

主催:建築学科研究室(担当=源 愛日児教授、臼田桃子助手)
コーディネーター:西尾聡志

参加学生:
安倍直人/桒田麻椰/寺尾剛朗/西 悦奈/山本知歩/小林愛実/佐藤飛龍/田中 楓/谷口和音/藤田一輝/馬渕菜月/駒井慶一朗/佐藤 楓

【記録冊子】
編集:臼田桃子
デザイン:萩谷綾香/駒井慶一朗(Koko Kokubunji Desu)
編集協力・翻訳/西尾聡志
発行元/武蔵野美術大学建築学科研究室


Visiting Professor : Sophie Krier
Field Essays Workshop "matter that matters"

Date : September 14th -19th, 2015
Venue : Workshop102 at Musashino Art University, South side of the station at Kokubunji-city

Organized by
Department of Architecture, Musashino Art University
Aihiko Minamoto (Professor)
Momoko Usuda(Research Associate)
Satoshi Nishio(Coordinator)

Participants :
Naoto Abe / Maya Kuwada / Takero Terao / Etsuna Nishi / Chiho Yamamoto / Ami Kobayashi / Hiryu Sato / Kaede Sato / Kazune Taniguchi / Itsuki Fujita / Natsuki Mabuchi / Keiichiro Komai / Kaede Sato

[Document booklet]
Editor : Momoko Usuda
Graphic Design : Ayaka Hagiya / Keiichiro Komai (Koko Kokubunji Desu)
Published by Department of Architecture, Musashino Art University

|その他|2016年4月30日 11:55 |ページトップ↑

武蔵野美術大学 造形学部 一般入学試験出願受付について

武蔵野美術大学 造形学部 一般入学試験の出願を受け付けています。
本年度よりweb出願を導入しています。

入学試験の詳細や、出願書類の請求については、以下のページをご参照ください。
武蔵野美術大学 入試情報

|その他|2016年1月 4日 16:56 |ページトップ↑

第12回「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」作品募集のお知らせ

「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」の作品を募集しております。
なお、「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」は第12回となる今年度をもって最終回とすることとなりました。
これまで支えていただいた関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。
最後となる今年度も、建築学科卒業生・修了生を対象に、幅広い作品をお待ちしております。是非奮ってご応募ください。

応募締切:2015年12月18日(金)必着

>>募集要項・応募用紙(PDF) は以下よりダウンロードできます。
「竹山実賞」関連書類
―――――――――――――――――――――――――――――――
審査員:竹山実(武蔵野美術大学名誉教授/竹山実綜合研究所)

主催:武蔵野美術大学造形学部建築学科
共催:武蔵野美術大学建築学科同窓会 日月会
後援:武蔵野美術大学校友会

第12回竹山実賞


第12回竹山実賞

|その他|2015年11月10日 15:55 |ページトップ↑

メインページ | | イベント »