home > news

イベントの最近のブログ記事

平成30年度卒業式が行われました

平成30年度卒業式

平成30年度卒業式

平成30年度卒業式

3月16日(土)、平成30年度武蔵野美術大学卒業式が行われました。

穏やかな日差しの中、建築学科学部生・大学院生が卒業致しました。
ご卒業おめでとうございます!

|イベント|2019年3月16日 10:16 |ページトップ↑

小林敦さん(18期)が「SLIT展」にて作品を展示。鈴木教授とのトークイベントを行います

小林敦さん(18期/建築学科講師)が「SLIT展」幾何学というアート かたちをつくるしくみをつくる にて作品を展示します。

「SLIT展」幾何学というアート かたちをつくるしくみをつくる
会期:2019年2月21日(木)-28日(木)
会場:gallery shell102
   武蔵野市吉祥寺南町2-29-10エクセル井の頭102

会期中に鈴木教授とのトークイベントが開催されます。
トークイベント:2/23(土) 18:00-『建築的側面(概念モデルから)』
× 鈴木明( 武蔵野美術大学造形学部建築学科主任教授)

詳細は下記サイトよりご確認下さい。
「SLIT展 」幾何学というアート(gallery shell102)
Facebookイベントページ

|イベント|2019年2月12日 12:38 |ページトップ↑

建築祭2019 卒業制作選抜講評会が行われました!



1/19(土)に卒業制作選抜講評会が行われました。
学生プレゼンテーションと審査員による公開審査の結果、今年度の各賞が決定いたしました。 また、1/11(金)に行われた大学院の修士制作講評会では、下記の2名が優秀賞となりました。
ご参加いただいた審査員の皆様ありがとうございました。そして卒業制作・修士制作を乗り切った学生の皆さん、本当におつかれさまでした。

<卒業制作学科賞>
金賞:吉田 葵  「積層するGL」
銀賞:髙橋 一孫 「東京牧場」
銅賞:矢舖 礼子 「ブレを生む」

奨励賞:
ワーン ジーイエン「道と径 -見ている風景の集まり‒」
坂下 亮太    「交わる線」
野口 新     「身体の同質性と精神の異質性 nakameguro house」
小泉 大季    「文化に浸かる」
山下 千彩貴   「都市のレタッチ」

<武蔵野美術大学優秀賞(学校賞)>
○学部
矢舖 礼子    「ブレを生む」
矢矧 杏以彌   「線路沿いをほどく」
吉田 葵     「積層するGL」
ワーン ジーイエン「道と径 -見ている風景の集まり‒」

○大学院
キョク ブン   「未完の古里:流転の形式」
山田 陽平    「新宿駅改造計画」

受賞した皆さん、おめでとうございます!

|イベント|2019年1月21日 20:07 |ページトップ↑

建築祭2019 第3回長尾重武賞表彰式が行われました!

第3回長尾重武賞

1/19(土)に第3回長尾重武賞の表彰式が行われ、岩下 泰三氏・岩岡 竜夫氏・林 英理子氏の受賞が表彰されました。
賞状授与に続き受賞者による受賞の挨拶と作品紹介をして頂きました。

今後さらなるご活躍をお祈り申し上げます。
受賞おめでとうございました。

|入賞記録|2019年1月21日 20:03 |ページトップ↑

武蔵野美術大学 建築祭2019 開催のおしらせ

建築祭2019

第3回 長尾重武賞の表彰式ならびに卒業制作選抜講評会を開催いたします。
選抜講評では公開審査により最優秀作品を選出します。
ぜひお越しください。

武蔵野美術大学 建築祭2019
日時:1/19(土)11:00-17:00
会場:武蔵野美術大学 8号館308講義室

第1部:11:00 - 12:00 長尾重武賞 表彰式
第2部:13:00 - 17:00 修了制作優秀作品レビュー
            卒業制作選抜講評会

武蔵野美術大学卒業・修了制作展:1/17(木)~ 20(日)9:00 - 17:00

主催: 武蔵野美術大学建築学科研究室
共催: 武蔵野美術大学建築学科同窓会 日月会
後援: 武蔵野美術大学校友会
事務局:武蔵野美術大学建築学科研究室
東京都小平市小川町1-736
TEL : 042-342-6067

|イベント|2019年1月 5日 11:03 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2018冬」が行われました!

バーティカルレビュー2018冬

バーティカルレビュー2018冬

バーティカルレビュー2018冬

12/7(金)に後期設計計画の合同講評会「バーティカルレビュー2018冬」が行われ、 ゲスト・クリティーク トム ヘネガン 氏の選出によるスプリング賞が決定しました。 選ばれた5人のみなさん、おめでとうございます!

スプリング賞:
「家型コンプレックス」山田 寛太
  (設計計画III-2 広尾プロジェクト)
「塊状」辻 可愛
  (設計計画III-2 都市の環境単位 ―井の頭公園周辺―)
「POST」井上 莉彩
  (設計計画III-2 東京散歩「場所のもつ記憶と力」)
「東京光」佐々木 慧
  (設計計画III-2 東京散歩「場所のもつ記憶と力」)
「Yellow Spiral」木本 汐音
  (大学院 建築設計演習I Stadium Hotel)

当日の様子は建築学科Facebookをご覧ください
建築学科Facebook 「バーティカルレビュー2018冬」

|入賞記録|2018年12月10日 10:59 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2018冬」 を開催します

今年度後期開講の各学年設計計画から選抜された優秀作品の発表会「バーティカルレビュー2018冬」を開催します。 バーティカルレビュー

バーティカルレビュー2018 冬
2018.12.7[FRI]10:00-


ゲストクリティーク : トム ヘネガン 氏
建築家 / 東京藝術大学教授
日時 : 12月7日(金)10:00-(下記当日スケジュール)
場所 : 8号館308講義室

10:00 設計計画III-2

─ 住宅プロジェクト─住宅+αの新しい可能性を提案する─
─ 広尾プロジェクト─企画提案によって新しい可能性を提案する─
 布施 茂 教授、三幣 順一 講師、青木 弘司 講師
─ グラデーショナル
─ 都市の環境単位─井の頭公園周辺─
 高橋 晶子 教授、川口 有子 講師
─ 東京タワー下をリノベートする─新しい観光拠点を作る─
 長谷川 浩己 特任教授、石井 秀幸 講師
─ 東京散歩「場所のもつ記憶と力」
 土屋 公雄 客員教授、小松 宏誠 講師

11:35 設計計画 I -1

─ Sticking out
 鈴木 明 教授、 小倉 康正 講師、鈴木 竜太 講師

13:30 建築設計演習Ⅰ

─ Stadium Hotel
 アストリッド クライン客員教授

13:50 設計計画II-2

─ 木造の駅舎─木造軸組架構から考える─
─ 新たな世代のための宿泊研修施設
 源 愛日児 教授、小西 泰孝 教授、菊地 宏 教授
 齊藤 祐子 講師、田宮 晃志 講師、今村 水紀 講師

14:40 総評

トム ヘネガン 氏

|イベント|2018年11月29日 15:28 |ページトップ↑

武蔵美建築映像影繪團公演 −江戸東京たてもの園「紅葉とたてもののライトアップ」のおしらせ

建築学科・映像学科有志学生、篠原規行教授(映像学科)、鈴木明教授(建築学科)監修による影絵パフォーマンスとインスタレーション公演のお知らせ。

日程 2018年11月25日(日)18:00-20:00
場所 江戸東京たてもの園(東京都小金井市桜町3-7-1)

夜間特別開園 紅葉とたてもののライトアップ http://www.tatemonoen.jp/event/page/2018_lightup.php

武蔵野美術大学建築学科と映像学科は有志グループによる影絵パフォーマンスとインスタレーションの公演を行います。
公演は、江戸東京たてもの園「紅葉とたてもののライトアップ」(11月23日〜25日開催)企画の一環として招待されたもので、ライトアップの最終日を飾るパフォーマンスとしての位置付けです。

会場は、通常のスクリーンに替えて、たてもの園でもっとも人気ある明治から昭和にかけての商家や銭湯が街並みを形成する「東ゾーン」です。影絵は、明治初期に建設された「万徳旅館」二階の窓に映し出されます。内容は賑やかな昭和の街の再現と当時の室内風景です。また、同時に開催されるワークショップは、同旅館南はらっぱで開催します。旅館壁面に投射する影絵遊びで、当日園を参観する子どもも大人も自由に参加できます。

「武蔵美建築映像影繪團公演」江戸東京たてもの園「紅葉とたてもののライトアップ」企画
2018年 武蔵野美術大学産学連携プロジェクト

「時空影絵」 明治初期に建った万徳旅館。2階の窓は影絵と映像パフォーマンスの舞台。観客は街路から見上げます。万徳旅館と並びの商家ではインスタレーションが展開します。映像作品が意外なところに置かれたモニターなどで上映されています。
・パフォーマンス(万徳旅館2階):万徳旅館の前面通りから鑑賞。
・インスタレーション(東ゾーン、商家・民家内)
「リアル影絵」 影絵ワールドへようこそ、かげといっしょにあそぼう!(万徳旅館南はらっぱで開催、参加自由)
旅館南の壁面の「影絵ワールド」には子どもも影絵の登場人物として参加できます。

制作
武蔵美建築映像影繪團(武蔵野美術大学建築・映像学科有志グループ)
監修
篠原規行(武蔵野美術大学映像学科)、鈴木明(武蔵野美術大学建築学科)
協力
コイズミ照明、エーアイラボオオタ/暁工業、鈴木竜太(サンゴデザイン)、張飛
企画
江戸東京たてもの園

|イベント|2018年11月23日 12:39 |ページトップ↑

布施 茂教授が10月20日(土)開催の「夢ナビライブ2018 福岡」で講義を行います

布施 茂教授が国公立大学・私立大学合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2018 福岡」会場で講義を行います。

夢ナビライブ2018 福岡
日程 :2018年10月20日(土)
   10:30-17:00 *10:00受付開始 *入退場自由
場所 :マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)

詳細は以下のリンク先をご参照ください。
武蔵野美術大学の実施イベント一覧
夢ナビライブ2018 福岡会場

ぜひお越しください。

|イベント|2018年10月13日 14:31 |ページトップ↑

真夏のオープンキャンパス2018のお知らせ

真夏のオープンキャンパス2018
真夏のオープンキャンパス2018

今年の真夏のオープンキャンパスのテーマは、「I know that I know nothing.」です。「もっと知りたい!」という思いは、「それについて何も知らない」という気づきから生まれます。
個別の進学相談、入試合格作品展示に加え、学科別の模擬授業、保護者向けガイダンスなど、ムサビの魅力、カリキュラムの特徴などを分かりやすく紹介します!
6月では体験できないもうひとつのオープンキャンパスへ是非ご来場ください。

開催日程:2018年8月18日(土)~2018年8月19日(日)10:00~16:00
*開場・受付:9:30~*予約不要・入退場自由。どなたでも参加できます。
開催場所: 鷹の台キャンパス

建築学科イベント情報は下記の通りです。

8月18日(土)



【学科説明】1限( 10:00~10:40@2号館 2F 206)
《美術大学にある建築学科》
建築学科が美術大学にあることの意義を紐解きながら、ムサビ建築で学ぶことの魅力と特徴を説明します。
担当教員:源 愛日児 教授

【模擬授業】6限(14:25~15:05@2号館 2F 206)
《身の丈の家...身体から、住宅、建築、都市までをつなげてかんがえよう! 》
ミニレクチャーとドームをつくるワークショップを行います。
担当教員:鈴木 明 教授

「個別相談コーナー」(12号館 B1F 10:00~16:00)
担当教員:源 愛日児 教授、鈴木 明 教授、高橋 晶子 教授


8月19日(日)


【学科説明】1限( 10:00~10:40@2号館 2F 206)
《ムサビ建築と建築設計の仕事》
前半は、ムサビ建築学科の特徴と学科理念、カリキュラム、具体的な作品、入学試験、進路について説明します。後半は、布施スタジオの建築設計実習の事例を通じて建築設計の仕事について説明します。
担当教員:布施 茂 教授

【模擬授業】6限(14:25~15:05@2号館 2F 206)
《アートとエンジニアリングが融合した建築・空間》
建築にはアートとエンジニアリングの2つの側面があります。どちらかが欠けていては良い建築は生まれません。両者が融合した作品を紹介しながら、建築の魅力についてお話します。
担当教員:小西 泰孝 教授

「個別相談コーナー」(12号館 B1F 10:00~16:00)
担当教員:布施 茂 教授、小西 泰孝 教授、菊地 宏 教授


詳しくは特設サイトをご覧ください : MUSABI OPEN CAMPUS 2018

|イベント|2018年7月31日 17:00 |ページトップ↑

« その他 | メインページ | | プロジェクト »