home > news

イベントの最近のブログ記事

令和3年度入学式が行われました

令和3年度武蔵野美術大学入学式

令和3年度武蔵野美術大学入学式

令和3年度武蔵野美術大学入学式

4月5日(月)、令和3年度入学式が行われました。
昨年度は新型コロナの影響で中止となったため、令和2年度の入学生もともにオンラインで参加しました。

これからの学生生活、楽しく元気に過ごしていきましょう。
ご入学おめでとうございます。

|イベント|2021年4月 6日 10:00 |ページトップ↑

令和2年度武蔵野美術大学卒業式が3月27日(土)に行われました。

令和2年度武蔵野美術大学卒業式

令和2年度武蔵野美術大学卒業式

令和2年度武蔵野美術大学卒業式

大学卒業式はオンライン配信、各学科卒業式は対面で分かれて行われました。穏やかな日差しの中、建築学科の学部生・大学院生が卒業致しました。
ご卒業おめでとうございます!

|イベント|2021年3月26日 20:00 |ページトップ↑

明治神宮鎮座百年祭を記念し「神宮の杜芸術祝祭/気韻生動」彫刻展が開催されます。

「神宮の杜芸術祝祭/気韻生動」に本学 建築学科 客員教授の土屋公雄先生が参加します。

展示空間は、日光東照宮の修復や伊勢神宮を造営された建築家・大江新太郎による重文の宝物殿で、建築もさることながら、内部空間の造りや展示ケース自身が大変見応えのあるものです。
展覧会入場は無料となっておりますので、お気軽にお越しください。

会場:明治神宮 宝物殿(中倉)
会期:2021年3月25日(木)〜 2021年5月30日(日)
休館日:木曜日(但し3/25、4/29は開館)
時間: 10:00~16:30 ※最終入館は閉館時間の30分前まで
入場: 無料
https://jingu-artfest.jp/kiinseido/

参加アーティスト:平櫛田中、澄川喜一、深井隆、舟越桂、土屋公雄、宮島達男、三沢厚彦、棚田康司、須田悦弘、保井智貴、名和晃平、土屋仁応、secca、小林正人、原良介

※宝物殿の改修工事に伴い、展覧会開催中敷地内の一部が工事中となります。お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

|イベント|2021年3月19日 11:30 |ページトップ↑

池田良子さん(2005年卒業)がオウケンワールドトーク#3に出演します

オウケンワールドトーク

オウケンワールドトーク#3に、高橋スタジオOGの池田良子さん(ヘルツォーク&ド・ムーロン/シニアアーキテクト)が出演します。

大学院からオランダに留学し、建築設計に携わる中で、日本とヨーロッパの建築教育の違いや建築家の仕事のあり方の違い、実際に取り組まれた医療系施設のプロジェクトについてお話しいただく予定です。


ウケンワールドトーク#3 ~ヨーロッパ編

開催時間:
3/18(木) 17:00〜18:30

ウェビナーの事前登録:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VBUKOriFRXWmojvt2b1R-Q

|イベント|2021年3月16日 12:30 |ページトップ↑

建築祭2021 卒業制作選抜講評会が行われました!

建築祭2021

3/13(土)に卒業制作選抜講評会が行われました。
学生プレゼンテーションと審査員による公開審査の結果、今年度の各賞が決定いたしました。また、3/5(金)に行われた大学院の修士制作講評会では、下記の1名が優秀賞となりました。
ご参加いただいた審査員の皆様ありがとうございました。そして卒業制作・修士制作を乗り切った学生の皆さん、本当におつかれさまでした。

<卒業制作学科賞>
金賞:大西 加那子 「作られすぎた風景」
銀賞:長谷川 ゆい 「Tokyo Sunken Line」
銅賞:二又 大瑚  「図式と都市」

奨励賞:
近藤 直輝     「ノコギリと矩形」
田澤 杏梨     「川根町の地域資源」
前田 汐理     「仮想現実の外側」
藤井 康仁     「土木空間に沿って」

<武蔵野美術大学優秀賞(学校賞)>
○学部
近藤 直輝     「ノコギリと矩形」
田澤 杏梨     「川根町の地域資源」
大西 加那子    「作られすぎた風景」
二又 大瑚     「図式と都市」
藤井 康仁     「土木空間に沿って」

○大学院
矢舖 礼子     「一日の流れの特異」

受賞した皆さん、おめでとうございます!

|イベント|2021年3月14日 19:00 |ページトップ↑

建築祭2021 第5回長尾重武賞表彰式が行われました!

第5回長尾重武賞

3/13(土)に第5回長尾重武賞の表彰式が行われ、中川 幸嗣氏の受賞が表彰されました。
本年度はZOOMにて受賞の挨拶と作品紹介をして頂きました。

今後さらなるご活躍をお祈り申し上げます。
受賞おめでとうございました。

|イベント|2021年3月14日 18:50 |ページトップ↑

武蔵野美術大学 建築祭2021 開催のおしらせ

建築祭2021
第5回 長尾重武賞の表彰式ならびに卒業制作選抜講評会を開催いたします。
選抜講評では公開審査により最優秀作品を選出します。
本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、どちらもオンラインでの開催となります。

ZOOMウェビナーの参加は下記webサイト(バナー)から事前登録が必要となります。
先着500名まで登録できます。

武蔵野美術大学 建築祭2021
日時:3/13(土)11:30-17:00
会場:ZOOMウェビナー 

第1部:11:30 - 12:30 長尾重武賞 表彰式
第2部:13:30 - 17:00 修了制作優秀作品レビュー
            卒業制作選抜講評会

※運営では、アーカイブのための録画を致しますのでご了承ください。
※視聴の際の録画,録音,撮影(画面キャプチャ,スクリーンショットを含む)を禁止します。

建築祭2021



武蔵野美術大学卒業・修了制作展:3/11(木)~ 14(日)9:00 - 17:00

|イベント|2021年2月26日 17:00 |ページトップ↑

萩原遼太さん(源スタジオ/大学院2年)と小林敦先生(1985年卒業・建築学科非常勤講師)が、「Art Numérique 4 Procédés et systèmes en art génératif(デジタルアート展4 ジェネラティブアートにおけるプロセスとシステム)」に出展します

2020hagiwara

「Art Numérique 4 Procédés et systèmes en art génératif」概要

ジェネレイティブアートにおけるプロセスとシステム

デジタルアート・シリーズの第4回目は、生成というコンセプトに焦点をあて、アート作品を生み出すプロセスについて考えます。

今回の展示では、規則という「ブラックボックス」、いわば作品の内側にスポットライトをあてました。つまり、ここで期待したのは、それぞれのアーティストが意図している変数を明らかにすることです。

また、ここには少数ですが、非・デジタルな作品も含まれています。
それらは、作品の制作過程に厳密なルールを設定しているアーティストのものです。言い換えれば、それは、その「作品」には眼前のものとは異なる展開の可能性がある、ということを想起させるもののことですが、実は、それこそがアーティストの美学的原理となっているのです。

キュレーター:Jun Sato 、Carol-Ann Braun

https://www.abstract-project.com




開催期間:
2021年1月14日(木)~2021年1月30日(土)

開催時間:
14:00-18:00(水〜金曜日)、14:30〜18:00(土曜日)

開催場所:
Galerie ABSTRACT PROJECT
5 rue des Immeubles-Industriels, 75011 PARIS, FRANCE

参加者:
氏名:小林敦
1985年卒業/建築学科非常勤講師

氏名:萩原遼太
大学院造形研究科修士課程デザイン専攻建築コース /2年

|イベント|2021年1月12日 16:00 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2020冬」が行われました!

バーティカルレビュー2020冬

バーティカルレビュー2020冬

バーティカルレビュー2020冬

12/18(金)に後期設計計画の合同講評会「バーティカルレビュー2020冬」が行われ、 ゲスト・クリティーク アストリッド・クライン 氏の選出によるスプリング賞が決定しました。 選ばれた3人のみなさん、おめでとうございます!

スプリング賞:
「内側に感じる」福士 愛美
  (設計計画Ⅱ-2 木造の駅舎-木造軸組架構から考える)
「水辺のプラットフォーム」古川 隼也
  (設計計画Ⅲ-2 豊洲の水辺−2020 を私たちのライフスタイルの転換点として-)
「2nd station NISHIKOKU」妹尾 毬乃
  (設計計画Ⅲ-2 西国分寺プロジェクト-企画提案によって新しい可能性を提案する-)

|イベント|2020年12月18日 22:00 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2020冬」を開催します

今年度後期開講の各学年設計計画から選抜された 優秀作品の発表会「バーティカルレビュー2020冬」を開催します。
今年度は新型コロナ感染拡大防止の観点から、会場には選抜者のみの参加とし、学内関係者へはYou Tube LIVEでの配信となります。

学外の方で視聴を希望される場合は、
arc@musabi.ac.jp までメールをお送りください。
折り返しURLをお知らせ致します。

バーティカルレビュー2020冬

バーティカル・レビュー2020冬 2020.12.18[FRI]10:00~


ゲストクリティーク : アストリッド・クライン 氏
武蔵野美術大学客員教授
日時 : 12月18日(金)10時00分~(下記当日スケジュール)
場所 : 8号館321A,B講義室

当日スケジュール
10:00- 設計計画III-2

─ 共生がつくるかたち アフターコロナのワーケーション/ 二拠点居住
 鈴木 明 教授 常山 未央 講師
─豊洲の水辺-2020 を私たちのライフスタイルの転換点として-
 長谷川 浩己 特任教授 石井 秀幸 講師
─東京散歩「場所のもつ記憶と力」
 土屋 公雄 客員教授  小松 宏誠 講師
─住宅プロジェクト-住宅+αの新しい可能性を提案する-
─西国分寺プロジェクト-企画提案によって新しい可能性を提案する-
 布施 茂 教授 青木 弘司 講師 三幣 順一 講師

11:45- 設計計画Ⅰ-1

─自立する屋外空間
 小西 泰孝 教授 小倉 康正 講師 鈴木 竜太 講師

13:30- 建築設計演習Ⅰ

─Open to the future (community)
 アストリッド・クライン 客員教授

14:00- 設計計画Ⅱ-1

─木造の駅舎-木造軸組架構から考える-
─新たな世代のための宿泊研修施設
 源 愛日児 教授 高橋 晶子 教授 菊地 宏 教授
 齊藤 祐子 講師 田宮 晃志 講師 今村 水紀 講師

15:00- 総評 アストリッド・クライン 氏

|イベント|2020年12月11日 12:00 |ページトップ↑

« その他 | メインページ | | プロジェクト »