home > news

イベントの最近のブログ記事

萩原遼太さん(源スタジオ/大学院2年)と小林敦先生(1985年卒業・建築学科非常勤講師)が、「Art Numérique 4 Procédés et systèmes en art génératif(デジタルアート展4 ジェネラティブアートにおけるプロセスとシステム)」に出展します

2020hagiwara

「Art Numérique 4 Procédés et systèmes en art génératif」概要

ジェネレイティブアートにおけるプロセスとシステム

デジタルアート・シリーズの第4回目は、生成というコンセプトに焦点をあて、アート作品を生み出すプロセスについて考えます。

今回の展示では、規則という「ブラックボックス」、いわば作品の内側にスポットライトをあてました。つまり、ここで期待したのは、それぞれのアーティストが意図している変数を明らかにすることです。

また、ここには少数ですが、非・デジタルな作品も含まれています。
それらは、作品の制作過程に厳密なルールを設定しているアーティストのものです。言い換えれば、それは、その「作品」には眼前のものとは異なる展開の可能性がある、ということを想起させるもののことですが、実は、それこそがアーティストの美学的原理となっているのです。

キュレーター:Jun Sato 、Carol-Ann Braun

https://www.abstract-project.com




開催期間:
2021年1月14日(木)~2021年1月30日(土)

開催時間:
14:00-18:00(水〜金曜日)、14:30〜18:00(土曜日)

開催場所:
Galerie ABSTRACT PROJECT
5 rue des Immeubles-Industriels, 75011 PARIS, FRANCE

参加者:
氏名:小林敦
1985年卒業/建築学科非常勤講師

氏名:萩原遼太
大学院造形研究科修士課程デザイン専攻建築コース /2年

|イベント|2021年1月12日 16:00 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2020冬」が行われました!

バーティカルレビュー2020冬

バーティカルレビュー2020冬

バーティカルレビュー2020冬

12/18(金)に後期設計計画の合同講評会「バーティカルレビュー2020冬」が行われ、 ゲスト・クリティーク アストリッド・クライン 氏の選出によるスプリング賞が決定しました。 選ばれた3人のみなさん、おめでとうございます!

スプリング賞:
「内側に感じる」福士 愛美
  (設計計画Ⅱ-2 木造の駅舎-木造軸組架構から考える)
「水辺のプラットフォーム」古川 隼也
  (設計計画Ⅲ-2 豊洲の水辺−2020 を私たちのライフスタイルの転換点として-)
「2nd station NISHIKOKU」妹尾 毬乃
  (設計計画Ⅲ-2 西国分寺プロジェクト-企画提案によって新しい可能性を提案する-)

|イベント|2020年12月18日 22:00 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2020冬」を開催します

今年度後期開講の各学年設計計画から選抜された 優秀作品の発表会「バーティカルレビュー2020冬」を開催します。
今年度は新型コロナ感染拡大防止の観点から、会場には選抜者のみの参加とし、学内関係者へはYou Tube LIVEでの配信となります。

学外の方で視聴を希望される場合は、
arc@musabi.ac.jp までメールをお送りください。
折り返しURLをお知らせ致します。

バーティカルレビュー2020冬

バーティカル・レビュー2020冬 2020.12.18[FRI]10:00~


ゲストクリティーク : アストリッド・クライン 氏
武蔵野美術大学客員教授
日時 : 12月18日(金)10時00分~(下記当日スケジュール)
場所 : 8号館321A,B講義室

当日スケジュール
10:00- 設計計画III-2

─ 共生がつくるかたち アフターコロナのワーケーション/ 二拠点居住
 鈴木 明 教授 常山 未央 講師
─豊洲の水辺-2020 を私たちのライフスタイルの転換点として-
 長谷川 浩己 特任教授 石井 秀幸 講師
─東京散歩「場所のもつ記憶と力」
 土屋 公雄 客員教授  小松 宏誠 講師
─住宅プロジェクト-住宅+αの新しい可能性を提案する-
─西国分寺プロジェクト-企画提案によって新しい可能性を提案する-
 布施 茂 教授 青木 弘司 講師 三幣 順一 講師

11:45- 設計計画Ⅰ-1

─自立する屋外空間
 小西 泰孝 教授 小倉 康正 講師 鈴木 竜太 講師

13:30- 建築設計演習Ⅰ

─Open to the future (community)
 アストリッド・クライン 客員教授

14:00- 設計計画Ⅱ-1

─木造の駅舎-木造軸組架構から考える-
─新たな世代のための宿泊研修施設
 源 愛日児 教授 高橋 晶子 教授 菊地 宏 教授
 齊藤 祐子 講師 田宮 晃志 講師 今村 水紀 講師

15:00- 総評 アストリッド・クライン 氏

|イベント|2020年12月11日 12:00 |ページトップ↑

二又 大瑚さん(布施スタジオ/学部4年)が「第20回住宅課題賞2020」 (12/3〜12/10) に出展し、12/5(土)に公開審査(オンライン) が行われます

建築系学生の最初の登竜門となる「住宅課題賞」。2020年度は41大学・53学科の 授業で行われた住宅設計課題にて、学内で最も優秀だった作品が代表として出展し ます。今年度はプレゼンボード・模型・設計主旨・学生PR文をもとに5名のクリテ ィークにより審査され、参加大学から最も優れた作品が選ばれます!

【住宅課題賞/公開審査】
日時:12月5日(土)14:00~17:30〔Zoomウェビナーによるオンライン配信〕
*申込フォームより要申込・先着順
https://tokyokenchikushikai.or.jp/award/index03.html
公開審査開催につきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本年はZoomを使用したオンライン審査とし、12月5日に開催いたします。

審査員長:植田 実(編集者)
審査員:伊藤 暁(伊藤暁建築設計事務所/東洋大学理工学部建築学科准教授)
審査員:萩原 剛(萩原剛建築設計事務所/早稲田大学芸術学校教授)
審査員:原田 麻魚(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO)
審査員:古澤 大輔(リライト_D/日本大学理工学部建築学科准教授)
司 会:城戸崎 和佐(城戸崎和佐建築設計事務所/京都芸術大学教授)

【住宅課題賞/展示】
2020年12月3日(木)~ 12月10日(木) 10:00 ~ 17:30
(最終日は14:00まで) 土曜・日曜休館 
場所:ギャラリーエークワッド
   江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
アクセス:東京メトロ東西線 東陽町駅3番出口徒歩3分)

|イベント|2020年12月 4日 12:50 |ページトップ↑

日月会賞の審査・発表が行われました

9/13(土)に「日月会賞」の審査・発表が行われました。
「日月会賞」は当学科同窓会 日月会により、3年生の課題作品を対象に与えられる賞です。今年度は新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの開催にて賞が選考されました。
それぞれの受賞については下記の結果となりました。おめでとうございます。

審査委員長  :林美樹   16期/Studio PRANA 主宰・2019年度 長尾賞 受賞
審査員    :古津誠一  23期/E.N.N. 主宰・日月会会長
        酒向昇   21期/竹中工務店 北海道支店 設計部長・日月会相談役
        篠原乃生子 25期/アトリエノブリル 主宰・日月会執行部
        石井大吾  37期/Daigo Ishii Design 主宰・日月会事務局長

太陽賞    :古川隼也「水の柱」
満月賞・七夕賞:飯島あゆみ「心の拠り所」
三日月賞   :海江田篤「little forest time」
新月賞    :飯島あゆみ「心の拠り所」
七夕賞    :黎 鎮華「行為のタッチ」

|イベント|2020年11月 1日 12:00 |ページトップ↑

JIA全国学生卒業設計コンクール公開審査を10/3(土)ライブ配信!
山田寛太さん(布施スタジオ/2020年卒業)が出展します

JIA全国学生卒業設計コンクール2020公開審査をYoutubeチャンネルにてライブ配信!
JIA東京都学生卒業設計コンクールにて田根賞を受賞した山田寛太さん(布施スタジオ)が出展します。

WEB公開審査:2020年10月3日(土)14:00〜17:20
https://www.youtube.com/user/jiapr/live
審査委員長 石田 敏明
審査委員  金箱 温春
審査委員  石川 初
審査委員  吉村 靖孝
審査委員  内海 彩

JIA全国学生卒業設計コンクール2020
http://www.jia.or.jp/resources/news/001/230/0001230/2CFr1MOG.pdf

|イベント|2020年9月29日 15:00 |ページトップ↑

第22回 日月会建築賞 開催のお知らせ

第22回 日月会建築賞

建築学科3年生の皆様へ

本学建築学科のOB・OG会である「日月会」では、学部3年生の課題作品を対象に、卒業生としての視点から、その優秀作品に「日月会建築賞」を授与してきました。平成11年度(1999-2000年)に始まり、今年で22回目となります。本賞の趣旨は、日頃から建築の学びを通して、積極的にその設計や表現に何らかのチャレンジをしている学生に対して、かつて諸君と同じように本学で学んできた先輩から、是非とも応援のエールを送りたいという気持ちがその出発点となっており、学生自ら主催した「建築祭」を支援する目的で開設されました。本賞には太陽賞・満月賞・三日月賞・新月賞という4つの賞があり「長尾重武賞」を受賞された方を審査員長に招き、そこに、各世代を代表して実社会で活躍されている審査員の方々、加えて、この賞のために来校するOB・OGの方々による、投票・審査を経て厳正に選出されます。よって本賞には、本学建築学科で学んできた卒業生特有の、個性豊な「ムサビズム」が根底に流れているということを各自理解した上で、諸君の本賞への自由かつ積極的な応募を求めます。

■第22回日月会建築賞 審査会
日 時 2020年9月13日(日)13:00〜20:00
会 場 Zoom オンライン開催
※ZoomミーティングのURLは日月会HPにて告知します。

■第22回日月会建築賞 エントリー
応募対象 2020年度建築学科3年(日月会会員)
応募締切 9月1日(火)〜9月7日(月)18:00迄
応募方法 日月会のホームページよりエントリー

エントリーフォーム
https://nichigetsukai.com/contact/nichigetsukai-kenchikuaward2020-entry/

■第22回日月会建築賞 説明会
日 時 2020年9月5日(土)18:30〜
会 場 Zoom オンライン開催
U R L 説明会への参加は下記のURL、又は日月会のホームページよりアクセスしてください。

Zoom 説明会 URL
https://us02web.zoom.us/j/82362184331?pwd=amx3UXVxR3dtUnhJNW4xZnBkMnF3Zz09

日月会建築賞のエントリーは日月会のホームページの「第22回日月会建築賞」ページより、メールフォームに各必要項目にご記入の上、送信ください。不明な点があれば事務局宛てにメールにてお送りください。

日月会ホームページ:https://nichigetsukai.com
日月会事務局メールアドレス:office@nichigetsukai.com

学生の皆様の積極的なエントリーをお待ちしております。

|イベント|2020年9月 1日 17:00 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2020夏」が行われました!

バーティカルレビュー2020夏

バーティカルレビュー2020夏

バーティカルレビュー2020夏

8/28(金)に前期設計計画の合同講評会「バーティカルレビュー2020夏」が行われ、 ゲスト・クリティーク 永山祐子 氏の選出によるスプリング賞が決定しました。 選ばれた5人のみなさん、おめでとうございます!

スプリング賞:
「水の柱」古川 隼也
  (設計計画Ⅲ-1 集積する構造によって劇場のある複合施設を設計する)
「武蔵新城 Co-living」大月 菜子
  (設計計画III-1 都市の環境単位 −武蔵新城−)
「がっこうえん」長谷川 ゆい
  (設計計画Ⅳ これからのオープンスペース −ポストコロナを見据えて−)
「NEBUCHADNEZZAR」砥堀 祐希
  (設計計画Ⅳ 100階)
「Spring −階段がつなぐ自然−」キュウ インガ
  (設計計画Ⅳ 「階段」が決める建築)

|イベント|2020年8月29日 19:30 |ページトップ↑

「バーティカルレビュー2020夏」を開催します

今年度前期開講の各学年設計計画から選抜された 優秀作品の発表会「バーティカルレビュー2020夏」を開催します。
今年度は新型コロナ感染拡大防止の観点から、会場には選抜者のみの参加とし、学内関係者へはYou Tube LIVEでの配信となります。

学外の方で視聴を希望される場合は、
arc@musabi.ac.jp までメールをお送りください。
折り返しURLをお知らせ致します。

バーティカルレビュー2020夏

バーティカル・レビュー2020夏
2020.8.28[FRI]10:00~


ゲストクリティーク : 永山 祐子 氏
武蔵野美術大学客員教授
日時 : 8月28日(金)10時00分~(下記当日スケジュール)
場所 : 8号館321A,B講義室

当日スケジュール
10:00- 設計計画III-1

─ 集積する構造によって劇場のある複合施設を設計する
 小西 泰孝 教授 奥野 公章 講師
─ 建築のタッチ
 源 愛日児 教授 田宮 晃志 講師
─ 神宮前に作るストリートカルチャーの郷土資料館
 菊地 宏 教授 三家 大地 講師
─ グラデーショナル
─ 都市の環境単位-武蔵新城-
 高橋 晶子 教授 針谷 將史 講師

11:45- 建築設計演習Ⅰ

─ 商業的要素を持った開かれた建築
 永山 祐子 客員教授

13:20- 設計計画Ⅳ

─ これからのオープンスペース -ポストコロナを見据えて-
 林 英理子 講師 長谷川 浩己 教授
─ 表現の場
 田原 唯之 講師 土屋 公雄 客員教授
─ 「外包する建築」とは
 増田 信吾 講師 高橋 晶子 教授
─ 100階
 山口 誠 講師 小西 泰孝 教授
─ 地域特有の魅力をひきだすしかけ
 中村 文美 講師 鈴木 明 教授
─ 「階段」が決める建築
 新関 謙一郎 講師 布施 茂 教授
─ オフグリッドの体験学校
 彦根 アンドレア 講師 源 愛日児 教授
─ 石を知り、石から建築を考える
 中川 純一 講師 菊地 宏 教授

15:10- 設計計画Ⅱ-1

─ 玉川上水沿いの住宅
─ 小規模集合住居
 鈴木 明 教授 小澤 祐二 講師 水上 哲也 講師
 山家 明 講師 山村 尚子 講師 山本 大介 講師

16:00- 総評 永山 祐子 氏

|イベント|2020年8月21日 16:00 |ページトップ↑

WEB OPEN CAMPUS 2020(8月)のお知らせ

8/15(土)・16(日)ムサビ建築を志望する受験生向けWEB OPEN CAMPUSを開催します !

1.オンライン個別進学相談(学部向け)


建築学科の専任教員に相談できるオンライン相談会(ビデオ会議システム ZOOM 使用)を受け付けています

*終了しました

2.Live配信:美術大学にある建築学科(学科説明)

<日時>
8月15日(土)13:00〜13:40
<内容>
建築学科が美術大学にあることの意義を紐解きながら、ムサビ建築で学ぶことの魅力と特徴を説明します。

*終了しました

3.Live配信:ムサビ建築と建築設計の仕事(学科説明)

<日時>
8月16日(日)13:00〜13:40
<内容>
前半はムサビ建築学科の特徴(学科理念,カリキュラム,具体的な作品,入学試験,進路)について説明します。後半は布施スタジオの建築設計実習の事例を通じて、建築設計の仕事について説明します。

*終了しました

4.Live配信:建築の考え方(模擬授業)※事前予約が必要です

<日時>
8月16日(日)15:00〜15:40
<内容>
建築のデザインの考え方。地域や風土によって異なる建築。太陽高度や季節・時間の移り変わりなどに着目し、様々な事例を紹介。

*終了しました

5.ハガキでつくるドーム ワークショップ(模擬授業)

幾何学を応用した「ドーム」の仕組みを学び、各自、ハガキを用いて小さな「ドーム」を組み立てます。
①レクチャーはムービーを視聴(約3分:繰返し視聴可)。
②ドーム組立ては、自宅の机やテーブルで(約40分)。

*ドームづくりの材料と道具(ムービーで説明します)。
❶ハガキ(使用済み)または厚手の紙(ハガキ大)、20枚。
❷ゼムクリップ、40コ。
❸2穴パンチ

動画を見る


6.ムサビ建築 webリンク集
*WEB OPEN CAMPUS(6月)に公開したものです。
http://www.arc.musabi.ac.jp/news/2020/06/web-open-campus-20206.html

|イベント|2020年8月 5日 13:54 |ページトップ↑

« その他 | メインページ | | プロジェクト »