home > news

建築祭2018 卒業制作選抜講評会が行われました!



1/20(土)に卒業制作選抜講評会が行われました。
学生プレゼンテーションと審査員による公開審査の結果、今年度の各賞が決定いたしました。 また、1/12(金)に行われた大学院の修士制作講評会では、下記の3名が優秀賞となりました。
ご協力いただいた審査員の皆様ありがとうございました。そして卒業制作・修士制作を乗り切った学生の皆さん、本当におつかれさまでした。

<卒業制作学科賞>
金賞:井手 彩乃 「Live on -場所性と共に生き続ける建築-」
銀賞:齋藤 元希 「孤島にて漂う 〜心の再興〜」
銅賞:鈴木 真知子「茶室 -繭-」

奨励賞:
鵜沢 信吾    「自由曲面建築のモデリングツールの開発と
          実寸スケールのモックアップ制作」
髙田 雄大朗   「建築がちょっと楽しくなる展示」
福田 早也花   「STATION PROJECT NO.6」
池下 晴香    「錦鯉の棲むところ」

<武蔵野美術大学優秀賞(学校賞)>
○学部
井手 彩乃    「Live on -場所性と共に生き続ける建築-」
齋藤 元希    「孤島にて漂う 〜心の再興〜」
鈴木 真知子   「茶室 -繭-」
渡邉 和     「雪のある駅」

○大学院
甲津 多聞    「自己切断の時代における回帰の標
          -地理多様性の保存と身体と世界の再物質化をもたらすもの-」
小葉竹 恵    「東京マチダムプロジェクト」
ベ ミンウク   「薄い黒」

受賞した皆さん、おめでとうございます!

|イベント|2018年1月23日 17:08 |ページトップ↑

« 建築祭2018 第2回長尾重武賞表彰式が行われました! | メインページ | 小西泰孝教授がSTRUCTURE No.145 構造デザイン2017 にて巻頭言を執筆しています »