home > news

萩原遼太さん(源スタジオ/大学院2年)と小林敦先生(1985年卒業・建築学科非常勤講師)が、「Art Numérique 4 Procédés et systèmes en art génératif(デジタルアート展4 ジェネラティブアートにおけるプロセスとシステム)」に出展します

2020hagiwara

「Art Numérique 4 Procédés et systèmes en art génératif」概要

ジェネレイティブアートにおけるプロセスとシステム

デジタルアート・シリーズの第4回目は、生成というコンセプトに焦点をあて、アート作品を生み出すプロセスについて考えます。

今回の展示では、規則という「ブラックボックス」、いわば作品の内側にスポットライトをあてました。つまり、ここで期待したのは、それぞれのアーティストが意図している変数を明らかにすることです。

また、ここには少数ですが、非・デジタルな作品も含まれています。
それらは、作品の制作過程に厳密なルールを設定しているアーティストのものです。言い換えれば、それは、その「作品」には眼前のものとは異なる展開の可能性がある、ということを想起させるもののことですが、実は、それこそがアーティストの美学的原理となっているのです。

キュレーター:Jun Sato 、Carol-Ann Braun

https://www.abstract-project.com




開催期間:
2021年1月14日(木)~2021年1月30日(土)

開催時間:
14:00-18:00(水〜金曜日)、14:30〜18:00(土曜日)

開催場所:
Galerie ABSTRACT PROJECT
5 rue des Immeubles-Industriels, 75011 PARIS, FRANCE

参加者:
氏名:小林敦
1985年卒業/建築学科非常勤講師

氏名:萩原遼太
大学院造形研究科修士課程デザイン専攻建築コース /2年

|イベント|2021年1月12日 16:00 |ページトップ↑

« 「バーティカルレビュー2020冬」が行われました! | メインページ