home > news

武蔵野美術大学4号館 シンポジウム"建築の創造と再生"のお知らせ


1964年8月27日に竣工したアトリエ棟(現4号館)は故芦原義信教授の設計による武蔵野美術大学の最初の本格建築です。
多くの人々に愛されたこの建築がこのほど、耐震工事、修復工事を完了し、新学期を迎えて、新しい出発をすることになりました。
このことを祝し、当初の設計思想とその後の経緯を踏まえ、あらたに行われた耐震工事、修復工事の具体的な経過を、関係した皆様にご報告いただき、皆様にそのすべてを共有する機会を持ち、この建築が末永く使用されることを願い、以下のシンポジウムを企画します。



シンポジウム
「武蔵野美術大学4号館 "建築の創造と再生"」
日時:2009年6月4日(木) 午後4:30~5:30
場所:武蔵野美術大学1号館 103号教室
対象:全学学生 ※外部の方の聴講も歓迎いたします


基調講演:保坂陽一郎(本学建築学科名誉教授)「4号館設計のころ」

パネラー:
赤塚  祐二(本学油絵学科教授)    「使用する油絵学科の立場から」
石岡 俊二(芦原建築設計研究所)「4号館の耐震設計・修復工事」
宮下  勇(本学建築学科教授) 「4号館からキャンパス計画へ」

コメンテーター:
高橋 ?一(建築家)
中谷 礼仁(建築史家)

総合司会:長尾 重武(本学建築学科教授)


主催:武蔵野美術大学建築学科研究室
問合わせ先:042-342-6067
FAX:042-344-1599
arc*musabi.ac.jp
(注)*を@に変えて送信してください。

|課外講座|2009年5月15日 19:40 |ページトップ↑

« ロンドンにて本学科国際交流プロジェクト「Food / Cooking / Eating」開催中!!(5/1-5/10) | メインページ | 高橋スタジオで作成した模型が「建築家 坂倉準三展」に出品されます »